女性

食品と効果

老人

サポニンの特徴を知って体の健康を維持することはとても大切なことです。サポニンは有機化合物の1種であり、大豆、高麗人参、田七ニンジンなどの植物におおく含まれています。植物によってサポニンの種類が異なります。大豆であれば大豆サポニン、高麗人参であれば高麗人参サポニンです。こうしたサポニンの成分を摂取するとコレステロールを減らす効果があり、血栓が作りにくい働きがあります。過酸化脂質の精製も抑制することもできますので、健康増進には欠かすことの出来ない成分です。配合されたサプリメントも販売されるようになっていますので、今では手軽に摂取することができます。ちなみに、サポニンは水溶性なので界面活性剤としても利用されています。

サポニンのコレステロールを下げる効果があります。血液中に悪玉コレステロールが多くなってしまうと、血液がドロドロになったり、血液循環が悪くなります。このようになると、酵素や栄養素が体内の全身に行き届かないことがあります。これは健康にも良くないですし、動脈硬化などの大きな病気につながる可能性もあります。したがって、コレステロールを下げるサポニンを摂取することは非常に効果的です。また、大豆サポニンには美肌効果もあります。大豆は実は女性ホルモンと同じような効果がありますので、アンチエイジングにもなります。健康と美容という効能があります。大豆や高麗ニンジンなどを食べたり、サプリメントを飲むことで維持しましょう。